総量規制って何?

総量規制とは?総量規制が出来た背景や例外と除外

消費者金融で借入を行おうとする場合、知っておくべきことの一つに総量規制があります。 消費者金融に対して総量規制が適用されるようになったのは、平成22年6月のことであり、これにより、利用者の年収の3分の1を超える借入が出来なくなったのです。

また、同じお金を借りるという意味ではクレジットカード、信販会社も同じですので、これが適用されています。 総量規制が出来上がる前までは利用者は自由にキャッシングが行えました。 これだけを聞くと利用者にとっては不利とも思える制度ですが、それは違います。

お金を借りることが自由であったことからそれが過剰なものとなってしまい、その後の返済に苦しんで最後は自ら命を落とした方がいらっしゃったのです。 このことを繰り返さないために作られたのが総量規制ですので、ある意味利用者の為とも言える制度とされています。

ちなみに、総量規制が出来上がったのと同時にグレーゾーン金利がなくなり、消費者金融における上限金利が29.2%から20.0%となったのもこのタイミングです。

また、総量規制には例外と除外があり、この二つは違うものですので、ここで取り上げておきます。 例外とは、借入した分のお金は総量規制の計算に含め、もし年収の3分の1を超えた場合でも返していけると貸金業者側から判断されることにより、借入が行えるというものです。

この例としてはおまとめローン、突然発生した医療費等が挙げられます。 除外とは、最初から総量規制の分のお金としてはカウントしない貸付のことです

そのため、ある借入により年収の3分の1を超えた場合でも問題なくそれが行えるようになっています。 そのような借入の例としては、自動車や住宅のローン、高額療養費制度を使った貸付等が挙げられます。

ただ、上記のような例外や除外となる貸付に含まれている、或いは年収の3分の1以下の場合であっても100%借りられるとは限りませんので、ご注意ください。 最後は貸す側の審査によって決定されるからです。

そして、今回ご紹介した総量規制については、銀行で借入する際には適用されませんので、年収の3分の1を超えても借入が行えるということも覚えておいてください。

↑ PAGE TOP