ピンチの時にキャッシングは便利です!

キャッシングはいざという時に助かります

どうしてもキャッシングと言う行為自体に抵抗感がある人がいます。要するに借金であるわけですから、認識としては正しいでしょう。 しかし、わざわざ使えなくしているのはよくないです。具体的にいいますと、クレジットカードのキャッシング枠とかカードローンのカードは一枚くらいは持っていたほうが良いです。

つまりは、いつでもその限度額以内であれば借り入れができる状態にしておくわけです。本当に借りるかどうかはその人次第です。 別に無理をしてまで借りる必要はないです。重要であるのは、借りることができる状態にしておくことです。そうすれば上手く活用できる日がくるかもしれません。

何も、カードを作ったからといって使う義務があるわけではないですし、いまどきは維持する為の費用も取られないことが殆どになっています。

つまりは、持っていることにデメリットがないわけです。キャッシングがどんな時に役に立つのかといいますと、急な出費です。人生とは意外とそうした出費が強いられる場合があります。例えば冠婚葬祭であることもありますし、場合によっては医療費関係である時もあります。

冠婚葬祭は一回きりで次の給料日などに返せばよいでしょうし、医療費も限度額が決まっていますからそれを超えた分は返還されるようになります。問題は最初に支払う分であり、これをキャッシングなどで賄うというのは悪い手ではないです。

あくまで返す当てがしっかりとしているのであれば、借りることにはそこまでの抵抗感を持たないほうがよいでしょう。素直に困っている時には借りたほうが良いです。 その為には、時間を省く為に最初からある程度話を進めておくことです。

それこそがクレジットカードのキャッシング枠であったり、カードローン会社のカードを事前に発行してもらう、ということになります。これをしておけば本当に困ったときに活用できるようになります。あって困ることではないので検討してみるとよいでしょう。

↑ PAGE TOP